認知症の基礎知識

まずは認知症に関する基礎知識をつけましょう。

認知症の症状認知症になるとこんな症状がみられます

 

認知症の症状ってどんなもの?

認知症になると誰にでも見られるのが知的能力の低下です。
初期には記銘力障害・記憶力障害がみられます。進行が進むにつれて見当識障害以降の症状が現れます。
進行するにつれ、幻覚や妄想、徘徊など、さまざまな症状が人によって現れます。

中核症状

記銘力障害・記憶力障害
新しいことを覚えたり(記銘力)、しっかり記憶しておいたり(記憶力)することができなくなります。
特徴として、古い記憶ではなく新しい記憶がなくなります。
たとえば、食事をした直後に食事をしたことを忘れてしまう、などの症状が出ます。
見当識障害
今が「いつ」で、ここが「どこ」なのか、自分や周囲にいる人が「だれ」なのかが分からなくなります。
計算力障害
おつりの計算ができなくなったり、支払う金額を間違えたりします。足し算、引き算の簡単な計算ができなくなります。
感情障害
興奮しやすい一方で、うつになりやすくなります。感情が非常に不安定になります。
思考力障害
判断力、注意力が低下し、筋道をたててものごとを考えることができなくなります。
異常行動
症状が重度になると、周囲がまったく理解できない無意味な行動をとるようになります。

周辺症状

幻覚・妄想
亡くなった人が見えたとか、神様の声を聞いたとか、ものが盗まれたとかの幻覚・妄想の症状が出ます。
徘徊
行き当たりばったりの場合もありますが、自分が育った家や大切に受け入れられた場所を目指している場合があります。
うつ・意欲低下・感情不安定
ヤル気がなく自発性が低下し、うつ状態になります。また、焦燥感や不安感が強くなるので、感情が不安定になります。
不眠・失禁
不眠は昼と夜の生活リズムが乱れてしまい起きます。また失禁はトイレの場所が分からなかったり、衣類の脱ぎ着に必要以上の時間がかかるなどの原因があることもあります。

認知症の症状

認知症の症状は様々ですが、以下のような4つの症状に大きく分けられます。
これらの症状の出方は、現在の生活環境、過去の生活歴、性格等によって一人一人個人差があり、認知症の症状のレベルによっても違いがあります。
中心となる症状に対しては、いまのところ、根本的な治療や確実な治療は困難です。
本人の不安や混乱を和らげることに重点を置いて考えていく必要があります。
周辺症状(特に心の症状)に対しては、ある程度薬物療法が期待でき、介護の仕方によって症状改善の可能性があります。

知的知能の低下
健忘物忘れがひどくなる
見当識障害日時、場所、人が分からなくなる
思考障害考える力、理解する力が低下する。計算ができなくなる
認知障害物事を見分け判断する力が低下する。人違いをする。
心の症状
夜間せん妄夜になると興奮し言動がおかしくなる
不眠夜眠らない
幻覚あるはずのないものが見えたり聞こえたりする
妄想ありえないことを固く信じ込む
抑うつ気分が落ち込む
行動の障害
徘徊歩き回る
不眠夜眠らない
暴力ささいなことで怒りだして暴力をふるう
異食食べられない物を口に入れてしまう
弄便便をいじる
身体の障害
歩行障害歩くことが困難になる
嚥下障害食べ物の飲み込みが悪くなったり、むせたりする
膀胱直腸障害尿や便が出にくかったり、失禁したりする
日常生活能力の低下

食事、排泄、入浴、着替えなど、日々暮らすための基本的な動作ができなくなる。

このページの上に戻る