認知症の基礎知識

まずは認知症に関する基礎知識をつけましょう。

認知症と関係のある病気認知症にも合併症があります。

 

認知症と関係する全身の病気

認知症は全身の病気と関係しています。認知症になると起こりやすい病気と認知症に悪影響を及ぼす病気があります。
ですから、この両面から認知症を監視していかなければならないのです。
認知症で入院というような場合には、頭だけでなく全身を調べ、認知症に関係した病気も発見し、その治療に当たることになります。

認知症になると起こりやすい病気

認知症になると、失禁(尿や便のお漏らし)、転倒による骨折、誤嚥(ごえん)性肺炎、不眠、栄養障害、うつ状態、歯の病気などにかかりやすくなります。
さらに進行して寝たきりになると、床ずれができたり、肺炎・膀胱炎などの感染症にますますかかりやすくなります。

認知症の進行を早めたり、悪影響を及ぼす病気

高血圧症、糖尿病、高脂血症などの病気にかかると、全身の血管の動脈硬化が進み、認知症の進行を早めることにもなります。
また、認知症の症状を加速するものに視力障害、難聴、歯の異常、ビタミン不足などの栄養障害、甲状腺の病気があります。心臓・肺・肝臓・腎臓など内臓の機能が悪い場合などは、認知症に悪影響を及ぼすことになります。

このように、認知症に関わる病気は全身に及びます。
このようなことからも、認知症に関係した病気にかからないよう、また、病気にかかってしまっても早く対応できるよう、日頃の心がけが重要です。

男女で異なる血管性危険因子

アメリカのDuke University Medical CenterのHayden KM医師らは、地域住民を対象の行ってきたCache County Study(正式名称はCache County Study on Memory, Health and Agingでユタ州立大学にセンターがある)からアルツハイマー病と血管性認知症に関する性別の血管因子について調べました。

この調査はCache County Study.の一環として65歳以上の3264人について心臓血管危険因子(高血圧、高コレステロール血症、糖尿病、肥満)と病歴(脳血管障害、心臓冠動脈バイパス術、心筋梗塞)について本人または代理の人から詳しく面接調査で把握しました。
アルツハイマー病と血管性認知症については標準的な基準で診断しました。

その結果、以下のことを認めました。

  1. 高血圧は血管性認知症の発症を高める
  2. 肥満は女性でのみアルツハイマー病の発症を高める
  3. 糖尿病は女性でのみ血管性認知症の発症を高める
  4. 脳血管障害発病後は血管性認知症になりやすい

同報告は、アメリカの医学雑誌Alzheimer Disease and Associated Disordersの 2006 年4・5・6月号に掲載されています。

このページの上に戻る