認知症の種類

一口に認知症といっても様々な種類があります。

アルツハイマー型認知症酸性雨とアルツハイマーの意外な関係

 

酸性雨が原因?!酸性雨とアルツハイマー病

酸性雨とアルツハイマー型認知症。何の関係もないようですが、この両者は密接な関係があると考えられています。
アルツハイマーの遠因として、脳の中のアルミニウム濃度の上昇も関係があるというのです。
これは、酸性雨によるアルミニウムイオンの流出が関係すると思われていて、雨中の酸性度が増すにつれてアルツハイマー患者が増えるのではないかと言われています。

地球環境を無視した人間の代償…。

アルツハイマー病患者の脳には黒い斑点状(老人斑)が点在します。
その要素がβアミロイドと呼ばれるものです。
βアミロイドは少量である場合には無害なのですが、たくさん集まると有害なものに変わってしまいます。
アルミニウムがアルツハイマー病の原因であるとされている理由は、そのβアミロイドをお互いにくっつけて有害化してしまう “接着剤”のような働きをすると考えられているためです。
最初にアルツハイマー患者の脳からアルミが検出されたのは1976年で、カナダの病理学者が発見しました。

ではなぜ、アルミニウムが脳に溜まってしまうのでしょうか?

アルミニウムは地表で3番目に多い元素で、土や岩石に多く含まれています。
また、自然の状態では中性に保たれているので水には溶けません。
しかし、酸性雨によって土壌が酸性化されるとアルミはイオン化し、水に溶けてしまうのです。

大気汚染のひどいアジア大陸方面の汚染により日本で酸性雨が降っています。
その酸性度は平均でPH5ぐらいだといわれています。その酸により、土壌などに含まれるアルミニウムが溶かされて、 他の物質と反応しやすいイオンの形になります。
そのアルミニウムイオンは野菜などの食物に吸収され、食べた人の中に入ってしまいます。
そして、本来血管内で鉄が取り込まれて運ばれるはずなのに、よく似た性質のアルミニウムが取り込まれてしまい、それが脳幹障壁を突破してしまうわけです。

体内に鉄分が不足するとアルミニウムが体内に取り込まれやすくなるというのも大きな問題です。
このようなことから、鉄分不足になりやすい女性のほうがアルツハイマー病の発症率が高いのではないかともいわれています。

もともと人体には不必要なアルミニウムが、こうした形で人間の体の中に入り込み、認知症の遠因になっているということ。
これは地球環境を無視した人間の代償であり、因果応報なのではないかと思わずにいられません。

12|3

このページの上に戻る